金沢クラフトインデックス

一覧へ戻る

作り手 陶磁

堀川 十喜ほりかわ とき

九谷焼の伝統的絵付技法の一つである「赤絵細描」を用いて作品を製作している。
赤絵細描とは、白生地上に細い筆を使い、弁柄を主原料とする絵具で線を描き詰め、
濃淡を表現しながら焼成し、さらに、金彩などを加える方法。
絵柄として小紋と花鳥、昆虫類などを組み合わせた作品が多い。
伝統的な技法を活かしながら、現代生活に合った作品作りを目標にしている。
ページトップへ