金沢クラフトインデックス

一覧へ戻る

作り手 金工

古田 航也ふるた こうや

金工の中でも鍛金・彫金と呼ばれる技法を使い銅や真鍮の板を金槌でたたき制作を行なっています。
主な作品に「現代の自在置物」をテーマにした可動式の動物オブジェがあります。
これらは「自在置物」と呼ばれるもので関節を本物の動物の様に動かせる仕組みになっています。
制作した動物に甲冑を着せる事で、劣悪な環境下でも生き抜いて行くための人間に対する「抵抗」と「共生」を表現しました。
他にも虫や戦国武将、妖怪などをテーマにした小型のオリジナルUFOのオブジェの制作も行なっています。


【作品・商品の取り扱いショップ・ギャラリー】
金澤町家職人工房 観音通り
ページトップへ